top of page

法人向けPCと個人向けPCの違い








パソコンには、企業に導入しやすい法人向けPCというものがあります。

見た目は法人向けも個人向けも変わりませんが、法人向けでは無駄な機能をなくしてシンプルな仕様になっている事が多いです。


今回はその特徴と、個人向けPCとの違いについてご紹介します。


■法人向けPCとは

企業で使用することを想定したPCのことです。


業務を行うにあたって、複数のアプリを同時に立ち上げた状態での利用を想定した、ビジネスシーンに求められる最低限のラインを満たす高いスペックを兼ね備えています。


個人向けのPCには含まれない、ビジネス向けの機能などが搭載されています。

例えば、処理速度を速めるためにグラフィックボードが搭載されていたり、CADなどの専門ソフトが付いてきたりなど、それぞれの業務に適した仕様になっています。



■法人向けPCと個人向けPCの違い

「搭載されている機能」をはじめとして、法人向けPCと個人向けPCにはさまざまな違いがあります。どのような点が異なるかを把握しておくことで、企業それぞれの環境や事情に合わせたPCを選びやすくなるでしょう。


サポート体制の違い

個人向けPCは販売元のサポートセンターなどが対応をしますが、法人向けPCはリースやレンタルとしての契約を結ぶケースが多く、不具合対応などもまとめて契約内容に入っていることがほとんどです。


もちろん弊社も買取・生産・販売・サポートまで一環して対応しております。


■まとめ

法人向けPCと個人向けPCでは、搭載されている機能やサポート体制に違いがあります。

業務をスムーズに行うために、最適化されたパソコンを導入しましょう。





Comentarios


bottom of page