top of page

そのPC、修理する?買い替える?





修理と買い替えでお悩みになる方はたくさんいらっしゃると思います。

「PCは修理より買い替えの方がお得」と聞くこともしばしば...


この記事では、実際のところどうなの?を解説していきます!




■修理と買い替えの判断方法


結論から言うと、PCの状態によっては修理が良い場合も、買い替えが良い場合もあります。


まず、修理がおすすめなのは、

「購入したて」「保証期間内」「修理代金がそれほど高くない」「スペックに満足している」PCです。


購入したてであれば、保証期間内ということで修理費用は掛からないでしょう。

スペックについても納得し気に入って買ったものだと思いますので、まずは修理で済ませられないか見積もりを取ると良いでしょう。



これに対し、買い替えをおすすめするのは、

「性能不足」「複数の部分が故障していて修理代金が高い」「購入から5年以上経過している」「保証期間が切れてしまってる」ものです。


というのも、PCの進化はかなり早く、購入してから数年も経つと内部のパーツも大きく変わり、性能も大幅に向上しているため、大金を掛けて古いパソコンを修理するよりも、新しいパソコンに買い換えた方がお得なことが多いのです。


さらに、内部パーツの修理費用というのは数万円することもザラなので、保証期間が切れてしまっている場合はかなり割高な費用がかかってしまいます。

そのため、5万円以下の低価格で買ったPCも、買い替えがお得です。




■故障じゃなくて寿命かも?


PCを使っていく中で、

・処理速度が遅くなる

・突然シャットダウンするようになる

・データ破損、エラー頻度が増える

などの症状が出るかつ使用年数が5年以上の場合は、故障ではなくPCの寿命かもしれません。



寿命の場合は、修理ではなく買い替えの方が良いとされています。

なぜかというと、修理や交換でトラブルを一時的にしのいでも、その他の部分もすぐに寿命を迎える可能性も高くなってくるからです。




■まとめ

PCを修理するか買い換えるかの判断基準は大きく分けると、「使用年数」と「修理費用」の2つ。


5年以上使っているのであれば、性能面から見ても買い替えがお得ですが、

使用年数が浅く、修理費用も安く済むのであれば、修理の方が良いと言えるでしょう。


PCが故障した際には、修理費用とPCの利用年数を比較して、「長い目で見た時に得な方」を選択されることをおすすめします。




Comments


bottom of page